自己紹介

自分の写真
理学療法士による身体活動研究チャンネル。医学に関する専門的な知識を動画を使い説明しています。解剖、運動、生理学はテキストで勉強するよりもビジュアルを通して学んだ方が記憶にのこるのではないかと思い、学生時代からこの活動を始めました。今後は臨床で感じた新たなニーズを等身大で表現していきたいと思います。※身体の活動には個人差があります。ご心配な方はお近くの医療施設にご相談下さい。

2015年1月8日木曜日

おすすめ書籍【観察による歩行分析】:理学療法士による身体活動研究

どうもみなさんこんにちは、今日はこの「観察による歩行分析」を紹介したいと思います。 
医学書院から出ている歩行分析の本です。ドイツ人で理学療法士のキルステン ゲッツ・ノイマンさんという女性の方が書いています。 


理学療法士からすると、歩行分析や動作分析はという言葉は日常的に使いますが、一般の人には馴染みの少ない言葉なのかなと思います。
 
分析というと複雑な機械や機器を使って行うものと思いがちですが、私達理学療法士は目でみて観察して分析するということを常日頃、現場で実践しています。 

その中の歩行分析に関す本がこちらです。 

以前にご紹介した基礎運動学に記載されている歩行分析とは違いランチョ・ロス・アミーゴ方式による歩行分析が行われています。



歩行周期の相別けと働く筋肉や関節のモーメントなど詳しく分析されています。また逸脱運動という項目では、歩行時の膝関節過伸展(バックニー)や中殿筋歩行、トレンデンブルク歩行などの原因と影響なども詳しく記載されています。 

また、図、イラストがとても分かりやすいので、字が苦手という方にも良い一冊だと思います。

1 件のコメント: