自己紹介

自分の写真
理学療法士による身体活動研究チャンネル。医学に関する専門的な知識を動画を使い説明しています。解剖、運動、生理学はテキストで勉強するよりもビジュアルを通して学んだ方が記憶にのこるのではないかと思い、学生時代からこの活動を始めました。今後は臨床で感じた新たなニーズを等身大で表現していきたいと思います。※身体の活動には個人差があります。ご心配な方はお近くの医療施設にご相談下さい。

2014年12月31日水曜日

肩甲上腕リズム Scapulohumeral Rhythm:理学療法士による身体活動研究

どうもみなさんこんにちは、今日は肩甲上腕リズムについてお話したいと思います。 
肩甲上腕リズムとは肩関節を外転する際の、肩関節(肩甲上腕関節)と肩甲骨の上方回旋運動の角度変化の関係を言います。

 それでは詳しくみてみましょう。 


肩関節を90°外転すると肩甲胸郭関節が30°上方回旋し肩甲上腕関節が60°外転します。180°外転すると肩甲胸郭関節が60°が上方回旋し肩甲上腕関節が120°外転します。 この運動を肩甲上腕リズムといい2:1比率で行われます。

つまり肩関節の外転180°というのは肩甲上腕関節のみでは不可能であるため、肩甲骨と胸郭の機能的な関節が連動しているということです。

 肩関節が外転90°以上になると上腕骨は外旋し、上腕骨大結節が肩峰突起の下面をすり抜けます。 

当たり前のように行っている肩関節の外転運動ですが、複雑な関節運動が組み合わせれて起こっているのがわかります。

理学療法士による身体活動研究BLOGはこちら


理学療法士による身体活動研究 Youtubeチャンネルはこちら

1 件のコメント: